運気が上がるメイクで美しさ、五感を刺激する家でここちよい暮らしをしませんか

開運は方法だけでなく順番が大事

   

開運する方法は様々ですが、ここでは中国のことわざにある「幸せになる法則」をご紹介します。

mr_0034

一命、二運、三風水、四積陰徳、五読書

①命…運命を知る(自分が持って生まれた天命)

四柱推命などで自分の天命を知っておきます。

②運…行運を知る(時代の流れをよむ)

自分の運気の流れを知り、時流に合わせた行動をとります。

③風水…環境を整える(住環境や人間関係など)

風水を使って環境を整えて運気を上げていきます。

④陰徳…善行を積む(人に知らせず善い行いをする)

人の役に立つ事を考えて行動にうつします。

 ⑤読書…勉強に励み、努力し行動する(努力し自ら切り開く)

努力して学び、実行する事で運命を味方につけます。

①②は先天的なもので、特に①は変えれないものです。ですがこれらは知っておく事で、未来に対して手を打っておく事ができます。
③④⑤は後天性のものなので自らの力でいつでも、いくらでも変えていく事ができます。

 

大切なのは順番とバランス

開運の法則は偏らないということです。
この5つをバランスよく学び、行動にうつしていく事で「運」として結果をもたらしてくれます。自分の興味関心のある物事だけ学んで善行を行わないという姿勢では当然運は開けません。

そして特に大切なのはこの順番です。まずは自分の先天的な自分の運勢を知り、時代の流れと重ねて将来の計画を立てておきます。自分の持って生まれた性質を知った上で、能力を伸ばす方がよりスムーズに開運する事ができます。逆に乱れた環境のまま勉強しても成果は出にくいですし、善行をしたいと望んでも、自分の生活の質が良くなければ周りの人を幸せにする事はできません。

占いは古くから伝わる「快適にくらすためのスキル」のひとつなんですね。

 - 風水 , ,