運気が上がるメイクで美しさ、五感を刺激する家でここちよい暮らしをしませんか

風水で方位よりも大切な事

      2015/09/29

風水といえば「西に黄色」というような、吉凶方位やラッキーカラー、風水グッズのイメージを持たれている人も多いようです。

しかし風水の基本は「快適な生活環境」であるということ。風水で大切なのは「気の流れを良くする事」です。気の流れのいい住環境とは換気されていつも新鮮な空気がながれ、気の障害となるような汚れや不必要なものがない状態のことです。

家の中をキレイにすれば物事がどんどん好転し始める、これが風水のスタートラインです。

 

風水の基本は3S

昨今は断捨離ブームということもあり、この3Sを見聞きする事も多くなりました。
この3つのSは

・整理
・整頓
・掃除

大切なのは順番で、まず整理からスタートです。家の中に必要でないものや、気にいっていないものを「またいつか使うかも…」という思考でいつまでも置いておく事は運気ダウンのはじまりです。
「気持ちの入っていないもの=魂の入っていないもの」それは運気を下げるものです。捨てられない理由は幾つかありますが、その中でも問題になるのが「過去への執着」が原因のもの。「過去への執着」が家いっぱいになっていたら、未来からやってくるチャンスが入ってくる場所がありません。まずは使っていないもの(殺気を発するもの)を処分してから整理収納、そして日々の掃除が3Sの順番となります。

 

帰りたくなる家づくり

風水を始めようと思う人は「今より幸せになりたい」「家族を守りたい」「夢を叶えたい」と前向きな人でトライする精神のある人です。
運気を上げたいならまずは『毎日楽しく過ごせる家』にする事。早く帰りたくなる、人を呼びたくなる、ワクワクする家にすることです。

11910857_526490397507197_317391710_n

高級家具やおしゃれな雑貨、新築の家でないから幸せになれない…なんて事はありません。生活の質を上げるには、今住まう家を大切にし愛することです。また、一緒にくらす住人全員の意見を取り入れて誰もが快適で素敵と思えるような家でないと豊かさを引き寄せる事はできません。

吉凶方位や、風水グッズに頼りすぎる事無く、共に暮らす人達の会話が弾むインテリアを、『風水しててもセンスのいいくらし』を実践していきましょう。

 

 - 風水 , ,