運気が上がるメイクで美しさ、五感を刺激する家でここちよい暮らしをしませんか

運気の高い人は血色がよい(美容についてno.4)

   

メイクアップの講座を開催するにあたり、受講生に何を学びたいか(興味があるか・苦手か)をリサーチすると、ほとんどの人が「眉が苦手」と言います。
また、興味があるのは「アイメイク(目を大きくみせる方法)」です。
しかしながら本当は、スキンケアやベース作り、チーク&リップが最も重要で、できればそちらを先に修得して頂きたいのです。

バラぶらし

運気の強い人に顔色の悪い人はいない

運気の強い人とはどんなひとでしょう?それは「血色がよく、健康的な人」のことです。成功者といわれる人達は皆、肌ツヤ、血色がよく、見た目にも健康的な印象の方ばかり。痩せコケて顔色の悪い人で運気の高い人はいません。
血色の良さは体内の血の巡りであり、栄養が行き渡って、活力みなぎっている証拠です。

血色の良さを表現するにはチーク&リップを丁寧に描く事。そして、チークをムラなく美しくのせる為にも、ベースのファンデーションをキレイに仕上げる事、そのためにはスキンケアで美肌にして置く事が大切なのです。

 

色と形で大きく変わるイメージ

チークやリップの色形にも流行があります。今年は高めに青みのピンクを横長にいれる形が流行っていますね。風水でも「時流に乗る」のは運を掴むには必要な事ですが、やはり年齢や自分に似合うかどうかをわかったうえでチャレンジしないと逆効果になります。年齢や肌の色によって使う色みも異なりますし、入れる位置も「周りの人にどうみられたいのか」でイメージも大きく変わるし、年齢や骨格に寄っては不自然になったりすることもあります。血色に関わるコスメについては流行よりも「自分の肌の色となりたいイメージと骨格」を重視しましょう。

選び方や使い方はまた別の機会に書きますが、まずはチークとリップは必ず美しく塗る意識を高めましょう。一番適当になりやすい箇所ですが、だからこそきちんとしていると、とても好感度が上がるのです。

最後に、ナチュラルメイクとスッピンは異なります。素肌が美しいに越した事はありませんが、スッピンは生足でスーツをきるようなものでマナーとしては正しくありません。相手に対する敬意として、肌にベールをかけて外出する習慣をつけましょう。

 - 美容風水 , ,